しんどい時は「気」のつくものは控えめに

2022.08.29

漢方でよくいう「気」はエネルギーです。身体も心も動かしているエネルギーです。
疲れ、集中力が出ない、息切れ、汗が出ると止まりにくい、食欲低下などは
気エネルギーの不足でよく感じる不調です。
まずは使い過ぎを減らしていくこと、気の消耗を減らして、ゆっくり立て直すことがとても大切になります。

気遣い、気配り、気合、気張る、気の持ちよう...
こんな「気」のつくことは文字通り気エネルギーを消耗することになります。
なので、しんどい時はこれらは無用、控えめにする方がよいのですー
元気になったら自然に出来てくるはずですから😊

自分がしんどい時は、とにかく気エネルギー温存を(^^♪
今日はあまり気にせず、ご飯あっさりめ&早めに寝ましょうね

電話番号

TEL:075-231-3397
FAX:075-231-2239

営業時間

月曜日~金曜日
9時~20時
土曜日
9時~15時
日曜日・祝日
休局

お問い合わせは
お電話で。

住所

〒604-0091
京都府京都市中京区丸太町通
釜座東入梅屋町177